誰かと私の備忘録

日々の仕事と暮らしからの気づきや学びを「備忘録」として、同じ悩みや境遇の方向けにシェア◆おすすめ書籍も紹介◆大手企業にてマーケティング20年、現在はDX推進課長◆家ではポンコツ、妻と息子たちに教わることばかり◆昭和平成カルチャー好き◆日本マーケティング協会マイスター|生涯学習開発財団認定プロフェッショナコーチ|DXパスポート

『埋没費用効果』改め『かまいたち効果』!?

『埋没費用効果』ってご存知ですか?『サンクコスト効果』とも、時には『コンコルド効果』とも呼ばれます。日常生活でもよくおちいっちゃいがちなこの現象、今日はそのご紹介です。

<目次>

『埋没費用効果』とは

『埋没費用』は、事業や行為にこれまでに投下した、戻ってこないお金や時間・労力のこと。つまり、過去を振り返ってももう投資してしまったことは仕方ないので、本来なら今後の意思決定に影響を及ぼさないものです。

でも、意外にこの『埋没費用』に未練を感じて、論理的な理由がないにもかかわらず、事業や行為を続けてしまうことが多いのです。
これを、『埋没費用効果』と言います。

『埋没費用効果』の例

ビジネスでよく使われるフレーズですが、こんなこと、日常の場面でもいっぱいあります。

例えば…

◆ここまで引っ張ったからもう1人だけ抑えてもらおう、とピッチャー交代のタイミングを逃す
◆これだけお金使ったからもうそろそろ成功するはずだと思って続けちゃう、ゲームセンターのスロットやUFOキャッチャー
◆ランチで、ここまで並んだからもう少し待とう、と同じ店で並び続けて昼休み明けの会議に間に合わず
◆10分見ただけでクソつまらないとわかったけれど、折角入場したからと最後まで映画を観てしまう
◆衝動買いした洋服を家で改めて着てみたら絶望的に似合わないけれど、折角買ったからと着続ける
◆ここまで我慢してきたから、と一歩踏み出せない、転職や恋人との別れ
◆ここまでフォロワーさん増やしてきたんだから、と続けるSNS… などなど。

埋没費用効果をネタにする!?かまいたち

で、この『埋没費用効果』を考える時に、最近思い浮かべるのがかまいたちのセブンイレブンCM。
唐揚げを勧める店員の濱家さんに、「いや、ここまで勧められても買ってこなかったから、今買うとこれまで買わなかったのが損した気分になるから買わないです」って山内さんがごねる、いかにもかまいたちらしいコント。2019年M1決勝ネタの「これまでトトロ観たことない」も近いかも。

うん、『埋没費用効果』も『サンクコスト効果』も『コンコルド効果』も覚えにくい。今後私は、『かまいたち効果』って呼ぶことにしよう。

うまくいっていない局面こそ、『かまいたち効果』に囚われず、理性的に判断できる自分でありたいですね!

画像