誰かと私の備忘録

日々の仕事と暮らしからの気づきや学びを「備忘録」として、同じ悩みや境遇の方向けにシェア◆おすすめ書籍も紹介◆大手企業にてマーケティング20年、現在はDX推進課長◆家ではポンコツ、妻と息子たちに教わることばかり◆昭和平成カルチャー好き◆日本マーケティング協会マイスター|生涯学習開発財団認定プロフェッショナコーチ|DXパスポート

朗報!Gmailは誤送信しても30秒間取り消せる!【注意点も】

この備忘録を共有したいのは

メールで誤送信や誤爆が多いうっかりさん

この備忘録を読めば

Gmailで30秒間、送信取り消しできる設定のやり方と、注意点も知ることができます

<目次>

はじめに

皆さんはメールを誤送信してしまって焦った経験はありませんか?私はあります。今回は、少しでもこの送信ミスに抗う内容のご紹介です。全国のうっかりさん、おっちょこちょい同志の少しでもお役に立てれば幸い。

Gmailは送信取り消し可能!

結論、Gmailは送信したメールを一定時間内に取り戻すことができます。しかも、デフォルトが5秒に設定されていて、それをMAX30秒に変更することができる!

ご存知の方も多かったかも?でも私、知らなかったんです。読者様の中にも、出来ること自体知らなかったり、30秒まで自分で伸ばせることは知らなかったって方がいるかもしれないと思い、やり方を共有しますね。

Gmail送信取り消しのやり方

  1. Gmail画面右上の歯車マーク(「設定」)をクリック
  2. 「クイック設定」の下の「すべての設定を表示」をクリック
  3. するとこちらの画面になります。真ん中にある、「送信取り消し」のところで修正が可能!好きな秒数を選びましょう。私は勿論30秒。そして最後に画面1番下の「変更を保存」を押せば完了です。

続いて、メール送信した際に、左下にこのようなポップアップが出るのを確認してください。先程いじっていただいた「取り消せる時間」のデフォルトは5秒なので、設定を今までいじってなかった人は、こんなポップアップが出ていたことすらあまり認識できていなかったかもしれませんね。かくいう私もです。さぁ、30秒あれば少し心の余裕がありますね。「元に戻す」をクリックしましょう。すると、「送信を取り消しました。」と神様のようなコメントが出て、誤送信したメールが戻ってきます。救われました!

ちなみにこの送信取り消しのからくりは極めてシンプル、設定した時間がたつまでは実際に送信されない仕組みです。今回なら、30秒後の送信予約になるということですね。ということはつまり、即レスしたい場合でも、30秒ロスが発生するということです。でも良いじゃないですか、それくらい。そんなに生き急がなくたって。若い時は偉いさんのメールに誰よりも速く反応したくて早押しイントロドンみたいなマインドの頃もありましたが、今はもう、ご安全に、事故なく日々を過ごすことが大切です笑。

送信取消の注意点

「ふぅこれで安心。30秒もあるんでしょ?送信ミスっちゃっても、何の問題もないじゃん」。安心しきらないで!要注意ポイントがあります。絶対にここ、注意してください!

①間違えて「メッセージを表示」を押さない

「元に戻す」の右にある「メッセージ表示」を押すと、送信したメッセージが表示されます。未送信状態に戻ってはいません!30秒経ったら、送信されます。しかも、「メッセージ表示」を押したその瞬間、ポップアップが消えてしまい、もう二度と「元に戻す」にはお目にかかれないのです・・・

②「元に戻す」を押す前に他のことをしない

30秒あるしな~とついいつもの癖で、受信トレイに戻ったり他のメールを開いたり、絶対しないでください!パワポやExcelを開くなんてもってのほか。①同様、ポップアップ、消えます。二度と逢えません。

30秒以内なら「送信予定」トレイに入ってるのではないか?淡い期待でした。いません。しっかりと「送信済み」トレイにいました。では、その「送信済み」のメッセージを30秒以内に削除してはどうか。削除をクリックするとゴミ箱には移動されるので、ゴミ箱にて30秒以内に「今すぐ空にする」を実行してみましたが、ダメです。「すべてのメールを削除しました」と出るのに、消えないのです。何度空にしても一向に効かない。ゴミ箱の中で、不死身なのです!そして30秒が経過したら、「俺の役目は終わった・・・」とばかりに、ゴミ箱から消え去るのです。実験で送ったアドレスを確認したら、しっかりメールが届いています。悔しいけれど、超カッコいい去り方です。

つまり、ポップアップが消えたら最後、誤送信したとわかっているのに、30秒間、何も出来ないのです。自分の無力さを痛感し、運命を恨むのです。これはある意味、誤送信したことを気づかずに30秒過ごしていた方が幸せです。

というわけで、我々は絶対に「ポップアップを消してはならない」のです。余計なことをする前に、とにかく落ち着いて、間違わず「元に戻す」をクリックするのです。

でも、人間、緊張すればするほど、「元に戻す」を押しに行くつもりが「メッセージを表示」を押したり他の部分をクリックしてしまったりするもの。わかります。人間だもの。そんな無力な我々に、最後のあがきとして出来ることをお伝えします。

「Z」キーを押す!

「元に戻る」を押さずとも、実は「Z」キーで、時間内なら送信取り消しが出来ます。しかしながら残念なことに、これも実験したところ、ポップアップが消えたらこの神通力も消えました。「Z」キーは直前のアクションを取り消すのですが、どうやら画面が変わったことに関しては効力を発揮しないようです。でも、30秒という限られた時間内で、「小さな『元に戻す』に正しくカーソルを合わせにいってクリックする」ことと、「『Z』キー押す」ことであれば、後者の方が時間面でも余裕が生まれるし、クリックミスなどのリスクも少ないことは疑いの余地がありません。

ただし留意点。これも設定の変更が必要です。設定画面の後半に出てくる、「キーボードショートカット」をデフォルトのOFFから、「ON」に変更し、一番下の「変更を保存」をクリックしてください。

結論

おっちょこちょい、かつデジタル音痴の私のGmai誤送信に関するおすすめは下記です。

①「送信取り消し」時間を30秒に変更!

②キーボードショートカットON⇨「Z」で取り消す!

まとめ

今日の備忘録

メール誤送信をよくするうっかりさんは、Gmailの設定を今回の記事を読んで直しておくべし!

ちなみに、私のメール誤送信エピソードその①

「秋田産」に「長野産」。お米かリンゴでも売りだしたのか?

f:id:degion:20240615211101j:image

その②

入社3年目。部長からの厳しくも有難いメール。仲良しの先輩に「助けてー!」とふざけて転送…、のつもりが、返信しておりました。即、部長に呼び出されたのは甘酸っぱい想い出笑。

おすすめの一冊

記事に共感いただいた方へのおすすめ本を毎回紹介します。

「50代からのGoogleサービスが完璧にわかる本」

50代以上の方でもデジタルに詳しい方は星の数ほどおられますが、わかりやすいのだろうなと思い手にした本書。DXとか言いながら元来デジタル音痴の私にはぴったりでした。Gmail以外にもGoogle検索はもちろん、GoogleマップやGoogleカレンダーなど、関連サービスについて自分にとっては知らなかった情報が沢山。デジタルが得意でない人は一読をおすすめします。

f:id:degion:20240617213716j:image